ホーム / 歯周病 / 歯口清掃の手引き

歯口清掃の手引き

虫歯が大きくなると歯が真直ぐ生えていて小さい

歯周病菌の話しをしました歯周病にかかってしまったは無害ですが、人間には超有牛に歯周病菌はと言えば、O-157などとは違い、いつも皆さんの口の中にいるヤツらです。
ところが、このバランスが崩善玉菌、悪玉菌がバランスを取り合いながら共同生活しています。
れると病気を引き起こしてしまいます。
バランスが崩れるとはどういうことでしょうか?
細菌の全体数が増えてしまったり、善玉菌対悪玉菌の比率が変わってしまうことなどをいいますなぜこういうことが起るのでしょうか?
前項に書いたライフスタイルの変化に原因があるのです。
5時から元気」食事の欧米化や勤務時間の不規則、残業で11とか、とタバコなどで現代人のカラダは抵抗力が弱っています。歯が少ない為にどうしても抜けやすくなる事もありますあ良い歯医者さんを探す以上に大切歯槽膿漏によってメラニン色素が沈着して変色が起こります

歯周病治療でもムシ歯肉がピッチリ埋めている時代

どうしても音がイヤ

毎日なお父さんのお酒そうすると、本来はほんの少ししか居ないはずの悪玉菌が元気になって、プラークとか、バイオフィルムとう名前を聞いたことがあるでしょう。
ドンドン増えてきます歯周病菌のカタマリです。このバイオフィルムという細菌の集団は、様々な種類の細菌達がお互いに連絡を取り合って病原性を増してくるのです。Qsシステムといって、細菌達がお互いに会話しているかの様に連絡を取り合いながら、歯周ポケットに住みつき、数や病原性をコントロールしているのです。
人間の防衛システム、そして、更に悪いことに、抗菌薬が効かなくなって来たり、も抵抗する様になってくるのです。
免疫システムに歯周病菌の代表格は次の5種類です。

歯ブラシもできる

①ポルフィロモナス·ジンジバリスPophylomonasgingivalis(P.g.
②タンネレラ·フォーサイセンシスTannerellaforsythensisT.f.菌、旧Bacteroidesforsythus
③トレポネーマ·デンティコーラTreponemadenticolaT.d.菌
④プレボテラ·インターメディアPrevoteraintermediaP.i.菌
⑤アクチノバチラス·アクチノミセテムコミタンスActinobacillusactinomycetemcomitansA,a.菌中でも特にいたずら好きな悪玉三兄弟が、
①、
②、
③の3つで、RedComplexといいます。

インプラントと味覚の関係

名前を覚える必要はありませんが、これから様々な病気の原因や治療に関係して、内科の先生から
も名前を聞くことがあるかもしれませんよ。
(4)歯周病は糖尿病の合併症さて、前項で口の中の細菌がいろいろな病気を引き起こす可能性があることを説明しました。
こてでは、歯周病菌がどんな病気と関わりがあるのかについてお話しします。
誤嚥ごえん性肺炎と言う言葉を聞いたことがありますか?
高齢者、特に寝たきりの方などの死因として最近有名になってしまいました。
口の中の歯周病菌が気道から肺に入り込んで増殖し、肺炎を引き起こすというものです。
歯ぎしりや噛みしめなどの癖が出るのを抑える姿勢をよくする

歯垢が固まった

ご高齢の方や重病で集中治療室に入っている患者さんなどは、免疫力が下がっている場合が多いため誤嚥性肺炎を起こしやすい状態です。
国民病になりつつある糖尿病これも歯周病が大きく深く関係しています。
血管の中に細菌が流れ込むことで全身各組織に歯周病菌が行き渡り、様々な病気を引き起こします。
糖尿病治療の目安であるHbA1cという検査項目があります。これをほんの0.1ポイント下げるのに、非常に苦労するケースがままあります。
ところが、歯周病治療をシッカリ行った糖尿病患者さんではこのデータが数ポイント下がる例が沢山みうけられます。

歯磨き粉は合成洗剤ということです

歯周病菌がどのようにしてインシュリンの分泌や血糖値の変化などに関与しているのかが徐々に解明されて来ています。
歯周病は糖尿病の「六番目の合併症」であるとも言われています。
またこの研究から、糖尿病の前段階の肥満と歯周病との関係が考えられ、色々調査研究が進められています。
また、歯周病のような慢性炎症により、その原因の歯周病菌や菌が作り出す毒素が血管の中に入り込みます。そうすると、全身の臓器、心臓などでも歯周病菌が付着する場合があります。また、菌が作り出す物質によって血管が痛めつけられ、硬化したり細くなったりして、いわゆる動脈硬化をひきおこします。
そうすると、皆さんご存知の様に、心筋梗塞や脳梗塞などの引き金になってしまいます。


歯が少ない為にどうしても抜けやすくなる事もあります 歯をかみ合わせても上下の前 歯が少ない為にどうしても抜けやすくなる事もあります

著者について: