ホーム / 治療期間 / 歯はその人のものでその歯はその人のステイタスであり唯

歯はその人のものでその歯はその人のステイタスであり唯

インプラント治療について

「もしもしカメよ、カメサんよー.っていう歌.です。このうたワンコーラスをリズムに合わせながら噛むとちょうど30回噛むことが出来ます。
しんどいことでもちょっとした工夫で楽しみながら続けることです。
「玄米粥はチョット準備が大変だなー」と言う人が多いと思います。
そこで、簡単玄米スープもお知らせしておきます。
先ず、フライパンに玄米を入れ、乾煎りします。量は適当、好きなだけでOKですが、カップ1杯でも結構増えます。
こげない様に注意。そのうち、ポップコーンのようにぽんぽんはじけてきます。
八割がたはじけたらストップ。鍋に水とポップコーン玄米を入れ、じっくり煮込んで行きます。
このとき、お好みで昆布や梅干しを入れても良いでしょう。
歯はその人のものでその歯はその人のステイタスであり唯

玄米がフヤフヤにふやけて花が咲いた様になります。
普通はここで玄米をこしてスープにして飲むのですが、出し殻玄米をそのままよく噛んで食べちゃいましょう。
その他、煮物でも固さやサイズを工夫して病人食にならない様に楽しんで良く噛んで下さい。
数多く噛む事が歯周病治療に効果的という事をお話ししてきましたが、もうひとつ、事で、脳の血液循環が良くなるという実験データが出ていることをおしらせしますね数多く噛む噛む為に働く筋肉、咀嚼筋といいますが、下アゴからこめかみの周囲にかけてにある筋肉です。これらが伸び縮みする事で、周りの血管を刺激して、血液循環が良くなってきます。脳科学の分野からも「噛むと頭が良くなる」なんて話しが出ていますよねこれ、事実です。そして、認知症治療にも効果あり。
む事はいいことずくめなのです。

歯周病を実験的に作ることは大変な苦労だったのです

  • 歯周病になるという人
  • 歯だけは不健康なままなのでしょう
  • 歯周病は歯肉だけでなく歯を支える骨


歯磨き粉の問題点についてお話ししました


歯医者さんには通院中でこういう状態です歯をそのまま放置

唾液の効果もアップして、とにかく数多く噛(10)よく噛めない人は要注意自らの体験からさて、ここで一つおおきな問題がひそんでいます。
よく噛むことをすすめてきましたが、人によっては、どうしても数多く噛めない人がいます。
の噛み合わせの仕方や歯の形、すり減り方の問題で、効率よく噛めない場合があるのです。
奥歯何を隠そう、私自身がそういう奥歯の噛み合わせになっていたのです。数多く噛もうとしても、まく、効率よく食べ物を噛みくだき、すりつぶすことが出来ないのですう「噛んでるつもりが丸呑みなのです。
三十回、四十回、五十回と噛もうと思っていても、当時は十回、二十回が限度でした。
それも、やっと二十回といった感じでした。
保険金などで補てんされる金額

歯の治療のことです

「よく噛む事を進めている自分がこんな事ではいけない」という焦りもあり、噛もうとすればするほど、「うまくかみ砕けない。すりつぶすなんて絶対無理しという現実がありました。
自分で歯型をとって、模型を作り、咬合器という器械につけて分析しても、置は大丈夫。さて、「これで何でうまく噛めないの?と色々悩みました。
噛み合わせとアゴの位
そして、あることに気づきました。チョット専門的になりますが、食べ物を食べるときのアゴの動きを咀嚼運動と言います。咬合器という器械に模型をつけて調べるアゴの動きを限界運動と言います。この限界運動というのは、顎の関節の動きの限界ぎりぎりの動きのことです。


出がらしタンニン液で止血ですウガイはこうする

試しにしっかり歯を磨いて

ようするに、目一杯右、目一杯左に下アゴを動かしたときにどこまで動くかという事です。歯科医師、特にアゴの運動を専門に研究して来た人達にとって、この限界運動を調べ、研究するという事が最先端の歯科技術とされています。
しかし、ある時、ふっと気付いてしまいました。「限界運動では食べ物は食べられないし私達専門家が、自分の生活を振り返ってみても、一日のうちに限界運動をしていることって、ほぼゼロです。
寝ている間の歯ぎしりは、この限界運動になります。そこで、私自身の咀嚼運動を調べる為に、咀嚼運動の計測装置を導入しました。
本ならかぶせみがきで2秒で終了!


筋肉が最も楽なあごの位置で噛んだ咬合を重心咬合と呼び

この検査器械で調べてみると、「ナルホド、これじゃあちゃんと噛めない訳だと納得です。一見整った歯並びと安定した噛み合わせに見えるのですが、奥歯の形とすり減り方が良くないのです。
奥歯のトンガリが邪魔をして、滑らかな噛み方が出来ていません。
そこで、このトンガリをチョンチョンと削って、歯の形を修正してみました。
刃こぼれしたハサミが、シュパーっとすると、アゴの動きが大きく変わっているのがわかります。

著者について: